むち打ち症について

むち打ち症とは、首や肩・背中の周囲の筋肉・神経・血管などの軟部組織の損傷に伴って生じる一連の症状です。

自動車事故での衝突など強い衝撃により、頭頚部がまるで鞭(むち)がしなる様な動きで前後に振られてダメージを受けます。

病院では「外傷性頚部症候群」・「頚部捻挫」・「頚部挫傷」などの診断名が付きます。

 

むち打ち症の症状

むち打ち症の症状は、事故の翌日あたりから痛みなどの様々な症状が出てくる事も少なくありません。

主な症状は首の痛みや可動域制限ですが、程度によっては腕の痺れや自律神経の症状が出る事もあります。

むち打ち症の代表的な症状
・首の痛み
・肩の痛み、こり
・背中の痛み
・腰の痛み
・腕の痺れ
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・吐き気
・食欲不振など

 

むち打ち症の治療

むち打ち症では、頭部が前後に振られた際に脊椎の両脇にある筋肉がダメージを受けて損傷します。

この筋肉は、首から骨盤まで繋がっており、脊椎を支えているとても重要な筋肉です。

むち打ち症の治療では、この筋肉のケアも欠かせません。

 

治療院のご案内

お電話にて、お問い合わせ・ご予約承ります。

■ TEL:06-4306-3778
■ あきた鍼灸整骨院
■ 所在地:〒577-0804 東大阪市中小阪4-5-7 パークコート八戸ノ里
■ 受付時間:9:00~12:30 / 15:00~19:00
■ 休診日:日曜日・祝祭日

ページトップに戻る