むち打ち症について

むち打ち症は、自動車事故での衝突などによる強い衝撃により、まるでムチがしなるような動きで頭部が前後に振られて、首やその周囲の筋肉や神経、血管などの軟部組織を損傷します。

むち打ち症というのは通称で、病院では「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」と診断されます。


むち打ち症の症状

むち打ち症の症状は、事故の当日よりも翌日あたりからむち打ちによる様々な症状が出てくることがよくあります。

むち打ち症の代表的な症状
・首の痛み
・肩の痛み、こり
・背中の痛み
・腰の痛み
・腕のしびれ
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・吐き気
・食欲不振


むち打ち症の治療

画像

むち打ち症では、頭部が前後に振られた際に背骨の両脇にある筋肉がダメージを受けて損傷します。

この背骨の両脇にある筋肉は、首から骨盤まで繋がっているとても重要な筋肉です。

あきた鍼灸整骨院の治療では、この筋肉を的確に治療することでむち打ち症による首や肩の痛みなどの症状を改善していきます。



ライン

あきた鍼灸整骨院