交通事故に遭った時、大切なポイント

交通事故に遭った時、大切な4つのポイントがあります。

・慌てず冷静に落ち着いた行動をとる

・「警察」と「保険会社」に連絡する

・事故現場で示談の話はしない

・必ず病院で医師の診察を受ける


交通事故に遭った時の対処法

1 事故発生→負傷者の救護
まず第一に自分と相手、周囲の負傷者の状況を確認します。
必要があれば、救急車(119番)を呼びます。

2 二次災害の防止
二次災害を防ぐため、事故車両を安全な場所へ移動させます。
できれば、移動させる前に証拠写真を撮っておきましょう。

3 警察へ連絡する
警察に事故発生の連絡をします。
連絡後は担当の警察官の指示に従いましょう。

4 相手方の情報を確認する
警察が到着するまで時間がありますので、その間に相手方の情報を確認をします。
事故の相手方の氏名、住所、連絡先、勤務先の住所と電話番号、車両ナンバー、加入している保険会社名を聞き、メモしておきます。

5 証人の確保
事故の目撃者がいた場合は、名前と連絡先を聞いておきましょう。
そして、また後日に事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。

6 事故現場の証拠を残す
事故現場を携帯カメラなどで写真に取り、証拠を残します。

7 保険会社へ連絡する
自分が加入している保険会社に事故報告の連絡をします。

8 病院で診察を受ける
事故によるケガは早めに医師の診察を受けることが大切です。

9 交通事故証明書
事故発生現場の管轄警察署で「交通事故証明書」の発行を申請します。
「人身事故扱い」の届出も行いましょう。


ライン

あきた鍼灸整骨院